•  

ビットフライヤー

 

ビットコインの買い方

数ある仮想通貨の中でも一番メジャーと言えるのがビットコインです。
・取引所あるいは販売所
ビットコインは取引所あるいは販売所というところでアカウントを作って購入します。
・OTC取引
仲介所などを介さずにユーザー同士で直接指摘に売買することです。(Over the counterの略)
手数料がかからない、値段が双方の合意で決まるなどのメリットがあります。
ただ、信頼する相手を見つける手段が少ないため利用しにくいです。
・ビットコインATM
ビットコインを市場価格に応じて現金で引き出したり、逆に現金をビットコインとして預けたりできるATMがあります。
普及が進んでいないため利用するのが難しいです。



ビットコインはいくらから買えるのか?

2017年末から急騰した後に乱高下を繰り返しているビットコインですが、2018年1月上旬で1BTC当たり180万円程度です。
いきなり180万円も出せないし、それ以上にこのような多額の投資を乱高下している相場では手を出しにくい状況です。
最低購入単位は、0.01BTCです。
つまり、1BTC当たり180万円の相場であれば1万8千円から購入することができます。
相場が100万円を超えるとなかなか気軽には買えないですね。



ビットコインの取引所と販売所の違い

取引所は言うなればマッチングサイトです。売りたい人と買いたい人がマッチすればそのタイミングの時価で取引ができます。
販売所は、販売所が購入したビットコインが売られているため価格決定件も販売所にあります。当然、取引所よりも割高になります。
安く買おうと思えば取引所、そして取り引き金額が上がれば上がるほど差が広がります。
では、販売所のメリットとは何でしょうか?
それは、価格が乱高下している最中でも売買できる可能性があるからです。
価格が乱高下している場合は、取引所の方はマッチングが難しくなるため、急場しのぎの場として販売所の存在意義があります。
また、取引所のように取り引きが成立するかやきもきしたくない面倒くさがりの方にも向いています。



取引所の選び方

有名所の取引所が以下です。
bitFlyer coincheck Zaif BtcBox Kraken
取引所選びのポイントはいくつかあります。
・手数料
-0.01%のZaifです。
・信用度
bitFlyerです。
理由はあ、bitFlyerの資本金が潤沢で出資している会社がしっかりしているという点です。
ただし、ビットコインの取引所には銀行のような国の後ろ盾がありませんから、これだけの材料で信用度が高いと判断できるかどうかも微妙なところです。



ビットコインの買い方の手順

・取引所
(1) アカウントを作る
本人確認のための身分証明書(免許証、保険証など)が必要です。
(2) 入金する
入金方法はネットショッピングとほぼ同じで、クレジットカード、銀行振込、コンビニ入金、ネットバンキングなどがあります。
(3)トレードする
売買注文版を見て、売り注文の中から選ぶ、あるいは、自分で数量と価格を設定して買い注文を載せます。
イメージ的には株式の売買と同じです。
これもネットショッピング感覚ですが、違いは数量だけでなく希望金額(指値注文)を入力する点が異なります。
・販売所
(1) アカウントを作る
(2) 入金する
ここまでは取引所と同じ
(3) 購入する
あらかじめ設定されている価格で希望の数量を購入する。